ワイン・わいん・WINE! | お国ワイン・・・選ぶ際の簡単な違い

お国ワイン・・・選ぶ際の簡単な違い

ワインを飲むのが楽しくなってきた、貴方・・・
そろそろ自分でワインを選んでみようかな、と思っているアナタ。
「今日はこの国のワインにしよう♪」なんて、 産地や国によってワインを選んでみたいと思ったあなたへ。
ここでは簡単な国ごとのワインの特徴や、選び方、味の傾向などをご紹介しておきます。

ワンポイント

「ワインの本場はフランス。本場のワインが一番おいしいに決まってるのでは?」 と聞かれることがあります。
その答えは、ノー。
国ごとに土壌や風土が違うため、ワインの味も生産した場所によって千差万別。 フランス以外の場所で作られるワインも、土地に合わせた栽培方法や製造方法の工夫により、 おいしく、独自の味を追求したものが多いんです。

土地の風土は、人の根底に深く関係しているもの。 例えば、日本でも寒い地域に暮らしている方は、寒い風土が体に染みついているもの。 そんな方には寒い地域のワインが舌に合う、なんて場合もあります。
その他、お料理との相性を考えるなら、イタリア料理ならイタリア産のワイン、 ドイツ料理には・・・やっぱりドイツ産のワインが相性の良いことが多い。
そんなところからワインを選んでみるのも、また楽しいと思います。

世界のワインの特徴

ワイン・ワンポイント  ドイツワイン

初心者向きのアルコール度低めワイン多し。
最近ドイツ本国では辛口ワインがブーム。でも日本に輸入されるドイツワインの多くは やはり甘口〜中甘口タイプの白ワイン。アルコール度は8〜10%。とっても飲みやすいものが多く入ってきています。

フレッシュな酸味と軽い味わいのワインが多いのも、初心者向き。

ワイン・ワンポイント  イタリアワイン

世界一のワイン産出国からやってくるワインは・・・
種類がとっても多い。

お値段が安めのワインでもおいしいものが多いのが特徴です。
有難いですねぇ。

ワイン・ワンポイント  スペインワイン

世界第3位のワイン生産国からやってくるワインは、あまり値段が高くなくて良心的。
味は力強いものが多いのも特徴的です。
スペインの発泡酒は「カヴァ」と呼ばれるものですが、価格が安く美味しいので、 ファンを増やしているワイン。是非お試しください。

ワイン・ワンポイント  アメリカワイン

フランスワインがお好きな方は、アメリカワインをあまり良く思わない傾向にあるとか。
味は力強いものが多いのも特徴的です。
それは・・・フランスワインの「真似事」から始まったワインだから。

味は力強いものが多いのも特徴的です。

とはいえ、最近のアメリカワインの努力・研究は目覚ましく、 アメリカから世界のワインが生まれつつあります。
有名なのは白ではシャルドネ、赤ならカベルネ・ソーヴィニヨン。

ワイン・ワンポイント  オーストラリアワイン

カリフォルニアワインに似た、しっかりとした味わいが楽しめるワインが主流。
上級ワインでは、多くがブドウの品種と生産者名がそのままワインの名になっているので選びやすいです。

ワイン・ワンポイント  日本ワイン

日本のワインも、近年研究を重ね進化しています!!
日本人好みの味わいに作っているため、入門編や初心者向き。飲みやすいテイストのものが多いのが特徴です。

ワンポイント

お国ワインの選び方は、最初はインスピレーションや、「この国に行ったことある!」という理由から始めてみても良いと思います。
その国によってブドウの味も、好みも違う・・・
そんな違いを楽しめるようになったら、貴方も立派なワイン通!?

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー
本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。
このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、Cookieやウェブビーコンを使用しています。
もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。
詳しくは、Adsense広告の公式プライバシーポリシーをご覧ください。
公式プライバシーポリシー