ワイン・わいん・WINE! | レストランでワインを簡単に選ぶ

レストランでワインを

ワインを飲むのが楽しくなったら、レストランなどで自分でオーダーして ワインを選んでみたいもの。
だけど・・・
どんなワインをどのタイミングで選んだらいいのか?後でびっくりするような 額を請求されたりしない??などなど、ビギナーにとっては なかなかハードルの高い経験だと思います。

そこで、ビギナーなら、まずはグラスワインから始めるのがおススメ。 赤か白かのチョイスのみで気軽に楽しめます。
あとは、出来ればお料理とのマリアージュを念頭に入れてオーダーしてみましょう。 マリアージュとは・・・
お料理とワインとの相性を考える、ということ。

マリアージュ

ワイン用語でマリアージュとは、お料理とワインとの相性を考え、 最も互いがひきたつように選ぶという意味。マリアージュとは婚姻、結婚の意味がありますね。

ワイン・ワンポイント  まずは、お料理の種類で考える

ワインとお料理の相性を考えてオーダーする・・・ 一見難しいようですが、基本を覚えていれば、簡単。

さっぱりした軽いテイストのお料理=軽めの味のワイン
複雑で重厚な味のお料理=コクがあり、しっかりとした味のワイン

を選んでみましょう。 要は、お料理がさっぱりならば邪魔しないあっさりとした味のワインを、 しっかりとした味のお料理なら、お料理の味に負けてしまわないように、 ワインもしっかりとしたテイストのものを選ぶ・・・
これは、赤白どちらのワインにも通じる考え方なので、是非参考にしてみてください。

ワンポイント

ワイン・ワンポイント  肉は赤ワイン、魚は白ワイン

よく、「肉は赤ワイン、魚は白ワイン」と言われます。 これは、とてもわかりやすい考え方。 多くのワインに共通していますので、こちらも覚えていると良いと思います。

ワンポイント

お魚料理の中でも、フレッシュな魚介類を使ったお料理にはすっきりとした白ワインがよく合い、 マリネなど酸味が強いお料理には逆に酸味のまろやかな白ワインがよく合います。

ワンポイント

ワイン・ワンポイント  お料理方法から考える

次はお料理の方法からワインを選ぶコツ。 これは、お魚でもお肉でも同じく、 グリルの場合には辛口の白ワイン・軽めの赤ワインがよく合います。 若々しくて熟成が進んでいないものがお料理との相性抜群です。

ワンポイント

濃厚な味付けのお料理・・・ 例えばクリームソースなどのお料理なら、熟成の進み、しっかりした味の白ワイン、 または軽めの赤が好相性。

ワンポイント

ソースがたっぷりだったり、煮込み系のお料理なら・・・ コクと味が強めの赤ワイン。こってりとした脂肪分にも負けないおいしさです。

ワンポイント

フライなどのお料理には、辛口の白・ロゼワインがおススメ。

こんなオーダー方法も

私はぶっちゃけ・・・ スパークリングワインが飲みやすくて、好きです。 これはもう好き好きで、「炭酸で食事が沢山食べられなくなる!」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、 軽めの味が多いため飲みやすく、好みのワインです。

スパークリングワインは食前酒のリストに掲載されていますし、 食前に勧められる場合が多いワイン。
だから食前酒として以外にはオーダーしてはいけないワインだと思われがちですが・・・
勿論、食中だって楽しめるワインです。

特に私は味の濃いお料理が好きなのですが・・・ スパークリングワインは濃い味やお料理の脂分を洗い流してくれるという嬉しい効果も。 だからかな。私はスパークリングワインだと、お肉料理でもいつもより多めい食べられる気がします。
そういう意味では危険なマリアージュともいえますが(笑)、 その他にも口の中をリフレッシュしてくれる効果は大。 是非、食前だけでなく、スパークリングワインをお食事のお供に・・・いかが?

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー
本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。
このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、Cookieやウェブビーコンを使用しています。
もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。
詳しくは、Adsense広告の公式プライバシーポリシーをご覧ください。
公式プライバシーポリシー