ワイン・わいん・WINE! | 飲み残しワインの上手な保存方法

飲み残しワインの上手な保存方法

いくらおいしいワインでも、たくさんの人がきてワイワイと、 また、一人でゆっくり楽しんでいても、飲み残しが出てしまうもの。

「ワインって、絶対栓を開けて24時間以内に飲まなきゃいけないんでしょ!?」という お話をよく聞きます。
その通り。
ワインは酸素に触れると香りや味わいが変化してしまって あっという間に風味が落ちてしまうのです。

でも家庭だと、絶対に飲み残しって出ませんか?
私なんかは特に、あまりお酒が強くないので、 グラスに1杯が一日の精一杯です。

そんな「ちょっとだけワインを楽しみたい」人が多かったのでしょう・・・ コルク栓を開けたワインを上手に保存する方法が開発されています。

飲み残しワインの保存方法

飲み残しワインの保存方法はいくつかあります。

ワイン・ワンポイント  再びコルクで閉める

オープンしたコルク栓を再度しめなおし、冷蔵庫へ。 これだけで1週間は保存が可能です。

ただし、完全に空気が入っていない訳ではないので徐々に酸化していきます。 また、オープンの際にコルクに割れなどがない場合に限ります。

ワンポイント

ワイン・ワンポイント  小さな瓶に移しかえる

ワインの量とジャストサイズの瓶を用意して、 そこに瓶の口いっぱいまでワインを注ぎ、栓をします。 空気ができるだけ瓶に入らないようにして保存する方法ですね。数日間は 保存が可能です。

ワンポイント

ワイン・ワンポイント  バキュバンを使う

きっとワインが好きで、お家でいつでもワインを楽しみたい方が開発したのでしょう、 バキュバン。これはワイン保存用の空気抜きです。
ボトルの口にバキュバンをセットし、ポンプを上下させてボトル内の空気を吸い出す。 ボトルの空気を吸い出す前に・・・窒素ガスを充てんさせておけば、 さらに風味の劣化が防げます。

ただし、このバキュバン。
スパークリングワインには使用不可。 スパークリングワインは、発泡酒専用のストッパー栓をして冷やしておけば、 ガスの抜けは防げます。

おいしく飲まれる時を待つ、お酒たち

それでもワインが劣化してしまったら・・・

イロイロ頑張って、一度空けたワインを大切に保存しておいて、 それでも味の劣化を感じたら・・・

捨ててしまうのは勿体ない!

ワイン・ワンポイント  ドレッシングにして使う

サラダ用のドレッシングや肉料理のソースに利用してみましょう。 ただし、劣化のひどいものはNG。

ワイン・ワンポイント  いちごにかけていただく

フレーズボードレーズという名のドルチェに早変わり。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー
本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。
このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、Cookieやウェブビーコンを使用しています。
もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。
詳しくは、Adsense広告の公式プライバシーポリシーをご覧ください。
公式プライバシーポリシー