ワイン・わいん・WINE! | ワインに合わない食べ物

ワインに合わない食べ物

ワインは単体で楽しむのはもちろん、 食事と一緒に味わうことで食材とワインの美味しさをより一層引き立て、楽しむ飲み物。

ワインと食事の美味しい組み合わせを、マリアージュと呼びます。
マリアージュとは、結婚・婚姻などの意味。
お互いを引き立て、高めあうための最高のパートナーという意味あいでしょうか。

ワンポイント

ワインには定番であるマリアージュが多く存在します。
大きなくくりでいくと、例えば赤ワインには肉、白ワインには魚・・・ 日本料理とワインとは相性がよくない、などなど・・・
でも私、味の好みは人それぞれだと思うのです。
加えて、銘柄によっても年ごとのぶどうの出来具合によっても味を変えるワイン。 オリジナルのマリアージュが星の数ほど存在していいと思うのです。

ですので、ここでは特に「ワインとこの食材は互いの良くない部分を引き立ててしまう」、 そんな「ワインと相性の良くない食材」を挙げておきます。 どうかあなた様には、ここに書かれている食材以外の中から、 オリジナルのマリアージュを探してほしいと思うのです。

そしてどうか・・・
「これはオリジナル!めちゃめちゃ美味しいマリアージュ」ってのを見つけた場合は、 私にも教えてくださいませ。 アナタとワインの婚約者探しの旅、その地図となりますように。

ワインと相性の悪い食べ物

ワインが楽しくなると、徐々に一緒に食べる食品にもこだわりたくなるもの。 チーズなどはワインと合わせて食べる代表格ですね。

でも、中には・・・ 美味しいワインだったのに、ある食品と合わせて食べると、 なんだかお互いの悪いところばかりが気になってしまう・・・ そんな食材も、中にはあります。
これは例えですが、うなぎと梅干し。
一緒に食べると体の中でケンカしてしまい、体調を崩す場合もあるとか。
こんな風に食品には、相性の悪いもの同士も存在します。

ここではワインと相性が悪い食べ物を紹介しておきます。

ワンポイント

ワイン・ワンポイント  ワインと相性の悪い食べ物

   ・生の魚介類
   ・生牡蠣
   ・魚卵(カズノコやたらこ)
   ・醤油
   ・味噌
   ・納豆
   ・米酢
   ・フルーツ
   ・カレー
   ・きゅうり
   ・生たまねぎ
   ・マスタード
   ・アンチョビ
   ・ガーリック
   ・酢の物
   ・生たまご

ワンポイント

以前、ワインは日本食と相性が悪い、と言われてました。
それは、お刺身や醤油そのままの味とワインの相性があまり良くないから。
でも、味付けに使用したお醤油なんかはOK。
ですので、意外と茶碗蒸しやおひたしなんかは・・・ワインと合っちゃうんです。

生牡蠣はワインと食べると生臭さが際立つ場合が多いようです。
ただ、熱した牡蠣なら大丈夫。
勿論、ワインの種類にもよります。白ワインの中でもシャブリは、生ガキとよく合うワインとして知られていますし、 フルーツもデザートワインとなら、さほど悪くない相性だと言えるでしょう。

ここで紹介した食べ合わせは、あくまで一般論。 貴方の味覚では美味しいと感じるかもしれませんし、 銘柄によっては素晴らしい味を引き出す可能性も・・・?
ワインを楽しむ1つの知識としてご活用くださいませ。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー
本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。
このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、Cookieやウェブビーコンを使用しています。
もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。
詳しくは、Adsense広告の公式プライバシーポリシーをご覧ください。
公式プライバシーポリシー