ワイン・わいん・WINE! | 食前酒と食後酒

食前酒と食後酒

私はお酒が強いほうではありません。
どちらかと言うと弱いほうに分類されると思います。
「女の子だから、お酒は弱いほうがかわいいよ」と慰めてくれる人もいますが、 お酒が強い人が弱いフリは出来る!!しかし弱い人は強いフリなんて出来ない!! というのが持論です。
おまけに、少量の酒で顔が赤くなるのですが・・・
ほっぺだけがほんのり桜色、とかならいいのに、ゆでダコのように真っ赤に。
病気のような顔になるので誰もが「水、飲んでたらいいよ」と勧めてくれるようになります。ああ・・・
つまりは、お酒は強いにこしたことはない。強い人がウラヤマシイのです。

ワインの多くは食前酒から食中、食後まで楽しめるお酒。
んでも、私が空腹時にアルコールなんぞを体に入れた日にゃあ・・・
それ以降のお料理を楽しむどころか、ずっとトイレにいるかもしれません(涙)

つまり、ここで何が言いたいか?というと、 是非飲めるなら、食前、食中、食後と、ワインをフルコースで楽しんでみてください、ということ。 そのためのコツや情報を少々掲載しておきます。
あ、それともう1つ。
私のようにアルコールにそんなに強くない方でも食前酒を楽しめるコツも、ご紹介。 そうなんです。そのコツを知ってから、食前でもちょっとだけならお酒が楽しめるようになりました。

食前酒を上手に楽しむ

食前酒を楽しむ基本は、まず「お酒は弱いものから強いものへ」という飲み方。
これは、お酒をちゃんぽん(あらゆる種類のお酒を混ぜこぜに飲む)して飲むという意味ではなく、 同じ種類のアルコールを弱い順から楽しんでいく、というもの。お酒を飲むためのキホンでもあります。

お酒は初めから強いもの、非常に甘いお酒からスタートすると、舌が麻痺してしまい、 お料理やその後のお酒の味わいが鈍ってしまう。それを防止する効果もあります。

ワンポイント

ワイン・ワンポイント  食前酒にスパークリングワインを

折角ワインをご紹介するサイトなので、ここでは食前酒にはスパークリングワインをおススメします。 その他、食前酒にはカクテルを飲む場合も多いですが・・・ カクテルは甘めの飲み口や口当たりの爽やかさ、フルーツの味で隠されていますが、 実はアルコール度数が高い・・・ よく下心のある男性が、女性に甘いカクテルを勧めて酔わせてしまう・・・なんて使い方がある位、 カクテルはその飲みやすさに対し、アルコールが強いので注意が必要なのです。

スパークリングワイン、シャンパーニュやカヴァなど、炭酸の利いたワインは食前に飲むと胃が刺激され、 食欲増進にも効果的です。

ワンポイント

ここでは、さらに私があみだした裏技を1つ。
前菜にチーズを食べる。
これだけで、胃に膜が張られ、悪酔いなどを防いでくれます。
私がこれを考案してからは、トイレにひきこもるケースが少なくなりました。
もしもお酒に弱くて少し悩んでいるなら・・・チーズ、是非トライしてみてください。

食後酒を上手に楽しむ

決して従わなければならないルールではありませんが、 昔から「白ワインから赤ワインへ」と言われているように、 食後酒は少しアルコール度の高い甘口のものが好まれます。

食後においしいワインはフルボトルのものが多いのが難点。 それなら、カクテルなどはいかがですか?
ワインベースのカクテルは多く存在します。 フルーツやリキュールを加えた甘さは、食後のデザート感覚で楽しめると思います。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー
本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。
このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、Cookieやウェブビーコンを使用しています。
もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。
詳しくは、Adsense広告の公式プライバシーポリシーをご覧ください。
公式プライバシーポリシー