ビール・びぃる・BEER! | ピルスナーって、何ぞや!!

ピルスナーって、何ぞや!!

ピルスナーとは、ビールのスタイルの1つ。
日本で飲まれているビールのほとんどが、ピルスナーだけど、 じゃあピルスナーって何よって話になる。

ピルスナーとは、低温発酵で作るビール。
ビールの歴史からするとすごく浅い、新人ルーキーのような存在。 なのに現在、日本だけでなく世界で最も多く飲まれているビールスタイルと言って過言じゃない。

ピルスナーとは

ピルスナーとは、低温で発酵させたビール。ビールの製法としては、 低温発酵はほんとに最近のもので、ピルスナーはいわば新人ルーキーな作り方。 日本でよく見かけるビールのスタイルなので、透明で黄金色の液体、クリーミーで豊かな泡、 シャープで後味クリアーな、いわば「飲みやすいビール」の代表格。今や新人ルーキーは、 世界で最も親しまれているビールとなった。

なんでそんなに人気になったかと言うと・・・
それまでビールの製法としてメジャーだった高温発酵。
深い味わいやハードな苦味を求める人には喜ばれるけれど、なんしか味がハード。 おまけに雑菌の繁殖を防ぐという意味あいでアルコール度数を高めたり、 腐り防止効果の高いホップが大量に使われていた。つまりは・・がっちがちのハードボイルドなお味。 アルコールに弱い人、苦味が好きでない人には受け入れられない味だったらしい。

しかし長らくビールといえば高温発酵が基本だったのを覆したのが、チェコ。 低温でモルトを乾燥させ、それを使ってライトな飲み心地のビールを作った。それがピルスナー。 誰にでも親しみやすいその味のおかげで、今や夏の日本の定番。
確かに、すんごい暑くてじめじめした夏の夜の1杯目には、がつーんと濃い苦味よりも しゅわーっと喉を潤す爽快なのど越しが気持ちいい。
そっか、それで日本でもピルスナーが人気なんだ。納得。

これから、海外で日本で飲むようなライトなビールが飲みたくなったら、「ピルスナー(pilsner)」という単語を探そう。 だいたいが、ラベルの下、名前の一番最後に書かれてる。「pils」とだけ書かれてる場合もあるよ。 それだけ知ってれば・・・どこでもあの、ライトな味わいが楽しめるのだ。

プライバシーポリシー

 

プライバシーポリシー
本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。
このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、Cookieやウェブビーコンを使用しています。
もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。
詳しくは、Adsense広告の公式プライバシーポリシーをご覧ください。
公式プライバシーポリシー